やっておきたい英語長文 500(河合出版)の研究

河合出版のやっておきたい英語長文シリーズのうちの1冊。やっておきたいシリーズでは、下から2番目の難易度の教材である。500語程度の英語長文が20題掲載されている。他のやっておきたいシリーズと同様に、記述式の問題も含むなど、総合的な学力の向上が期待できる教材である。しかし、英文構造などの細かい解説はないので、注意が必要だ。そのため、使用方法としては、過去問演習に近いものとして扱うことが望ましい。別教材で長文読解の技能をしっかりと身につけ、その上で同教材に取り組むのが良いだろう。レベルとしては、偏差値60前後を想定しており、MARCHや関関同立の導入レベルの問題が多い。その偏差値帯の大学を受験する場合は、必ず対策をしておきたい教材である。

こんな人におすすめです!

①応用レベルにチャレンジしたい人に

②GNARCH・関関同立レベルを目指す人に

③丁寧な解説の教材を使用したい人に

やっておきたい英語長文 500(河合出版)の出題割合

内容の分析はこちら
長文読解
内容一致
18.4% 長文読解
英文和訳
33.0%
長文読解
正誤問題
0.0% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
3.9% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
31.1% 会話文読解
内容一致
0.0%
長文読解
標題問題
1.0% 会話文読解
空所補充
0.0%
長文読解
文法正誤
6.8% 会話文読解
言い換え
0.0%
長文読解
指示問題
5.8% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
0.0% 会話文読解
和文英訳
0.0%
長文読解
和文英訳
0.0%

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.