やっておきたい英語長文 300(河合出版)の研究

河合出版のやっておきたい英語長文シリーズのうちの1冊。やっておきたいシリーズでは、最も難易度の低いものとなっており、300語程度の英語長文が30題掲載されている。しかし、最もレベルが低いと言っても、大学受験の英語長文の導入教材ということではない。記述式の問題も含まれており、英文の内容もそこそこの読み応えのあるものになっている。偏差値帯としては、50を超える標準レベルの問題が掲載されいる。本書を扱う前に、もっと導入レベルの問題から取り組み、2番目や3番目に扱っていくことになる教材であろう。日東駒専や産近甲龍レベルの大学を受験する人は、必ず対策をしておきたい。また、英文の構造解説がついていないなど、細かい英文解釈の理解には不向きな教材である。

こんな人におすすめです!

①基礎演習を終えた人に

②日東駒専・産近甲龍レベルを目指す人に

③たくさんの問題数に取り組みたい人に

やっておきたい英語長文 300(河合出版)の出題割合

内容の分析はこちら
長文読解
内容一致
17.7% 長文読解
英文和訳
23.1%
長文読解
正誤問題
0.0% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
3.8% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
37.7% 会話文読解
内容一致
0.0%
長文読解
標題問題
1.5% 会話文読解
空所補充
0.0%
長文読解
文法正誤
11.5% 会話文読解
言い換え
0.0%
長文読解
指示問題
4.6% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
0.0% 会話文読解
和文英訳
0.0%
長文読解
和文英訳
0.0%

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.