青山学院大学コミュニティ人間科学部の英語

Reading型
出題割合
Grammer型
出題割合

青山学院大学コミュニティ人間科学部の英語に近い出題傾向の大学

大学名 類似度
専修大学第2日程 94.84%
慶應義塾大学商学部 94.28%
慶應義塾大学総合政策学部 92.67%
慶應義塾大学環境情報学部 92.67%
駒澤大学グローバル•メディア•スタディーズ学部 91.86%

さらに細かい分析はこちら

長文問題の分析はこちら
長文読解
内容一致
28.4% 長文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
正誤問題
0.0% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
0.0% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
40.3% 会話文読解
内容一致
0.0%
長文読解
標題問題
0.0% 会話文読解
空所補充
0.0%
長文読解
文法正誤
0.0% 会話文読解
言い換え
0.0%
長文読解
指示問題
0.0% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
1.5% 会話文読解
和文英訳
0.0%
長文読解
和文英訳
0.0%
長文問題以外の分析はこちら
英文法
記述補充
0.0% 英作文
英文和訳
0.0%
英文法
選択補充
7.5% 英作文
自由英作
0.0%
英文法
正誤問題
7.5% グラフ
読み取り
0.0%
英文法
整序問題
14.9% 発音
アクセント
0.0%
英文法
語彙問題
0.0% その他 0.0%
英作文
和文英訳
0.0%
長文読解3題、文法1題、英作文1題という大問構成となっている。長文読解に関しては内容一致系の問題と空所補充系の問題に概ね2パターンとなっている。内容一致に関しては本文の内容が正確に把握できていないと解けない問題がほとんであるが、空所補充に関しては語彙の知識でも対応できる問題も多々ある。単語だけでなく熟語の知識も必要にはなるが点を取りやすい箇所には間違いない。文法問題に関しては高度な内容ではなく、基本的な知識を問う問題がほとんである。センター試験レベルの問題に対応することができれば問題ない。英作文に関しては基本的な和文英訳の問題が出題されるため、難しい表現を使うのではなく、できるだけ簡潔な英語で記述し小さな失点を避けよう。

傾向に合わせた書籍はこちら

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.