亜細亜大学国際関係学部(多文化コミュニケーション)の英語

Reading型
出題割合
46.3% Grammer型
出題割合
53.7%

さらに細かい分析はこちら

長文問題の分析はこちら
長文読解
内容一致
9.8% 長文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
正誤問題
0.0% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
12.2% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
12.2% 会話文読解
内容一致
0.0%
長文読解
標題問題
0.0% 会話文読解
空所補充
12.2%
長文読解
文法正誤
0.0% 会話文読解
言い換え
0.0%
長文読解
指示問題
0.0% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
0.0% 会話文読解
和文英訳
0.0%
長文読解
和文英訳
0.0%
長文問題以外の分析はこちら
英文法
記述補充
0.0% 英作文
英文和訳
0.0%
英文法
選択補充
53.7% 英作文
自由英作
0.0%
英文法
正誤問題
0.0% グラフ
読み取り
0.0%
英文法
整序問題
0.0% 発音
アクセント
0.0%
英文法
語彙問題
0.0% その他 0.0%
英作文
和文英訳
0.0%
全学部共通して大問6題前後で構成されている。年度によって大問数・小問数が前後することもある。しかし、出題内容は例年大きく変更はない。語彙・文法問題、会話文、長文問題と総合的に学力を問う内容となっている。長文問題よりも、文法や会話文のような知識を問う問題の出題が多い。そのため、語彙・文法問題集は完璧に暗記をしておくことが望ましい。また、長文問題は短めの易しい文章が出題されている。そのため、全ての文章を読まずとも解答を導くことが可能だ。文章を読む前に、問われる内容を確認することで瞬時に解答を判断することが可能であろう。その分、語彙力と精読力の教科は必須となる。全体的に知識問題の対策に特化すれば、対応が可能な問題である。

傾向に合わせた書籍はこちら

亜細亜大学国際関係学部(多文化コミュニケーション)の英語に近い出題傾向の大学

大学名 類似度
亜細亜大学国際関係学部(多文化コミュニケーション) 100.00%
成城大学法学部 90.73%
日本大学生物資源学部 88.91%
青山学院大学理工学部 88.58%
日本大学商学部 88.36%

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.