ライフハック

【アルバイトをする学生に読んで欲しい】学生時代後悔しないアルバイトの決め方

この記事はに更新されています!

学生のみなさん、もうバイトはしていますか?
大学生にもなるとバイトを初めて始める方もいるかと思います。
初めてアルバイトを始めるみなさんのお役に立てばと思い、アドバイスをさせて頂きます!

この記事を読んで分かること
1大前提の考え方
2バイトは3つのポイントから選ぶ
3まとめ

1大前提の考え方

大前提ですが、学生の貴重な1時間1000円程度で売るのはもったいないです。
バイトをすることはお金を稼ぐこと以上に社会勉強や色々な経験ができることが大きなメリットです。就職活動の前にバイトだからこそいろいろな職種にチャレンジもできます!後述しますが、時給以外にも何か得られるものがあるバイトを選ぶことをオススメします。

 

2アルバイトは以下の3つのポイントから考える!!

時給×立地×スキル

・時給
バイトをする上でここは絶対に抑えておきたいポイントですね!笑
せっかくなので地域毎の最低賃金も知っておきましょう。

やはり首都圏の中でも東京は高い時給ですね!都道府県の中で時給1000円を超えるのは1位の東京は1013円と2位の神奈川1011円です。この時給に対し、最低賃金の四国や九州の790円。。むむむ。。

また、知っておいてほしいポイントとしては、22時以降の労働については時給は25%up、1日10時間以上の労働も時給が25%upします!居酒屋やバーやコンビニ、カラオケなど深夜営業しているところはガッツリ稼ぐチャンスです!
ただし、長い目で見た時に深夜労働はあまりオススメしません。学生の本分である大学や学業に支障がでたら本末転倒ですからね。

・立地
立地については、①自宅から近いところ
②生活基盤にしたいところ③縁がないところから選びましょう。

①だとすぐに帰宅でき、移動時間を短縮できることは大きなメリットですし、②だと例えば大学の近くだったり、よく遊んでいる場所です。元々活動している場所なので、バイト終わりに遊びに行くのも苦にならないでしょう。見落としがちな点ですが、大学の近くでのバイトを選んだ場合、長期休みは注意です。大学は基本的に夏休みと春休みが長いので、家と大学が離れていた場合、出勤が大変です。笑
③はバレたくないバイトをしているケースor新環境を覗いてみるケースor仕方なくのケースかと思います。絶対にこのバイトでなきゃという場合以外は避けてもいいかもしれません。

まだ見知らぬ場所でバイトしてみることは新しい発見がありそうですのでオススメです。
また、バイトによっては交通費が支給されるところと、支給されないところもあるので最初に確認しておきましょう。

3スキル
もっとも重要なのがこの3番です。スキルについては①持っているスキルを生かすor②身に付けたいスキルで考えていきます。

冒頭で触れたように学生時代の貴重な1時間を1000円程度で売るのは非常にもったいないです。自分の能力を活かすか、時給以外にも何か得られるバイトを選択するといいですね!

例えば、体力自慢やこれから体力をつけたい人は引越しのアルバイトやuber eatsが候補に挙がりますし、受験勉強で培った知識を活用or将来教職を目指していると塾講師が候補に上がります。また、これから一人暮らしで魚を捌けるようになりたいといったケースは魚屋や居酒屋や回転寿司チェーンが候補に上がります。
ちなみに学生で食費を浮かすなら、美味しい賄い付のところが絶対にオススメです!笑

まとめ

いかがでしたか??
1.2.3全ての条件が自分にピッタリ合えばもちろんベストですが、なかなか条件がいいところは求人がない場合もあります。その時は優先順位をつけてぜひ自分にピッタリのアルバイトを探してみてくださいね!

余談ですが、僕はバーと系列店の飲食店をぐるぐるしていましたので、ダーツバーでダーツは上級者レベルくらいに上手くなって、バーでは女の子の知り合いも増え、お酒やオシャレなお店にも詳しくなり、コミュニケーション能力が培われました。また、焼き肉店出勤の際は毎回賄いで黒毛和牛を食べていたので今でも肉にはかなりウルサいです。そして最終的には沖縄小料理店を1人で任されていましたので、得意料理は沖縄料理になりました笑

何度も書きますが、学生の貴重な時間を1時間1000円程度で売る事は非常にもったいないです。

色々な職種を経験できるのは大学生の内ですので、ぜひ一歩踏みだして色々なバイトを通して沢山の経験をしてみて下さいね!

-ライフハック

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.