MENU

中央大学文学部の英語

目次

入試の傾向を知る

入試の概観

例年の傾向としては、大問6題構成で出題されることが多い。会話文が1題、語彙・文法問題が2題、部分英作文と英文和訳問題が1題ずつ、そして長文問題が1題という構成だ。前半の5題は、ほぼ知識問題だ。会話文の問題も、会話形式の出題ではあるが、実際に問われるのは文法知識が多い。その後も、整序問題と正誤問題が続く。決して易しいレベルの文法問題ではないが、文法書の知識をしっかりと身につけ過去問の対策を行えば、解答に苦労する問題ではないだろう。英作文と英訳問題も、大学受験に頻出の単語を記述できるまで暗記を行い、構文知識を身につけることで対応は可能だろう。文学部の問題の最大の特徴は、大問6の長文問題である。800語程度のかなり長めの文章が出題され、配点も全体のやく半数を占める。長文問題はこの1問のみになるので、ここでいかに失点せずに試験を終えられるかが、合否を左右する。問題の難易度は標準レベルで、小問内容も比較的取り掛かりやすいものになっている。その分、大きな失点は許されず、確実に得点を稼ぐことが必要だ。英作文や和訳問題に時間を取られすぎないように時間配分を行い、長文問題の解答時間を40分程度は確保したい。

Reading型とGrammer型の出題割合は?

Reading型割合Grammer型割合
67.4%32.6%

入試問題の出題傾向分析

Reading型の出題分析

内容一致TF問題
11.6%0.0%
言い換え空所補充
0.0%23.3%
タイトル問題文法問題
0.0%0.0%
指示問題文章挿入
7.0%2.3%
和文英訳英文和訳
0.0%0.0%
自由英作文本文要約
0.0%0.0%
会話文内容一致会話文言い換え
0.0%0.0%
会話文空所補充会話文和文英訳
23.3%0.0%
会話文英文和訳
0.0%

Grammer型の出題分析

文法記述補充文法選択補充
0.0%0.0%
文法正誤文法整序
11.6%11.6%
ボキャブラリー和文英訳
0.0%4.7%
英文和訳自由英作文
4.7%0.0%
グラフ読み取り発音アクセント
0.0%0.0%
会話文文法会話文挿入
0.0%[type57]

類似の傾向を持った大学

傾向に合わせた書籍はこちら

ユニサプはブログランキングに参加しています。

ユニサプが参考になると思った方は
ボタンクリックで応援お願いします!!
いつもありがとうございます!!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学受験のことを中心に書いています。偏差値40台の高校から1年間の浪人生活を経て、早慶上智に合格。大学受験の勉強を楽しく、少しでも効率的に進めることができるようにする記事を書いています。高すぎる志望校、届かない夢がある方、応援させてください!受験勉強を頑張って夢を掴みましょう!

コメント

コメントする

目次