同志社大学を徹底分析

1875年に新島襄によって開かれた、同志社英学校が前身の大学である。ミッション系の大学であり、関西私大の頂点でもある。落ち着きはあるが、非常にプライドの高い学生が多い。また、少し個性的な学生がちらほら。文系学部を中心とする今出川校地がメインキャンパスになっており、理系学部がメインの京田辺校地がある。どの学部も関西の私立大学ではトップクラスであり、特に法学部は司法試験の合格率も高く、関西私立大学では圧倒的な実力である。それに伴い、就職活動で苦戦することは、ほとんどない。関西はもちろん、関関同立では唯一、全国区での就職活動でも十分に戦うことのできる大学だ。

同志社大学を数字で見てみる

                     
上場企業就職力 31.6%
大学偏差値 60
都会度 2,443pt
講師数773
学生数26,686
学部数 14学部

学部ごとの入試傾向はこちら

  • 全学部共通問題(英語)

同志社大学の学部一言コメント

●●●
うさこ
(就活重視)

関西No.1の私立大学!みんな新島襄が大好き!関西で唯一全国区の大学です!

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.