同志社大学全学部共通問題の英語

Reading型
出題割合
100.0% Grammer型
出題割合
0.0%

さらに細かい分析はこちら

長文問題の分析はこちら
長文読解
内容一致
7.0% 長文読解
英文和訳
2.3%
長文読解
正誤問題
0.0% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
55.8% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
9.3% 会話文読解
内容一致
0.0%
長文読解
標題問題
0.0% 会話文読解
空所補充
18.6%
長文読解
文法正誤
4.7% 会話文読解
言い換え
0.0%
長文読解
指示問題
0.0% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
0.0% 会話文読解
和文英訳
2.3%
長文読解
和文英訳
0.0%
長文問題以外の分析はこちら
英文法
記述補充
0.0% 英作文
英文和訳
0.0%
英文法
選択補充
0.0% 英作文
自由英作
0.0%
英文法
正誤問題
0.0% グラフ
読み取り
0.0%
英文法
整序問題
0.0% 発音
アクセント
0.0%
英文法
語彙問題
0.0% その他 0.0%
英作文
和文英訳
0.0%
例年大問が3題出題で出題される。長文問題が2題と会話文が1題という構成である。長文2題は700〜800語程度の非常に長い長文となっており、速読力が必要となる。また、単語の言い換え問題が多くを占めており、語彙力と推測能力も要求される。長文の一部では学術的な内容のものが出題されることもあるので、単語帳を全体的に網羅しておく必要がある。会話文は標準的な空所補充となるので、そこまで難易度が高いわけではない。しかし、会話文中の1文から和文英訳の問題が出題される。与えられる和文が会話文ということもあり、英作文としては少し癖のある出題形式になっている。ただ、必要となる構文さえ気づくことができれば、なんとか記述は可能であろう。会話文も含めると、2000語を超える長文を扱うこととなるため、時間配分を十分に考慮し試験に望む必要がある。

傾向に合わせた書籍はこちら

同志社大学全学部共通問題の英語に近い出題傾向の大学

大学名 類似度
成蹊大学経営学部 80.89%
成蹊大学経済学部 77.45%
東京理科大学経営学部 77.42%
甲南大学全学部共通問題 73.27%
國學院大学全学部共通問題 72.40%

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.