慶應義塾大学総合政策学部の英語

Reading型
出題割合
100.0% Grammer型
出題割合
0.0%

慶應義塾大学総合政策学部の英語に近い出題傾向の大学

大学名 類似度
慶應義塾大学環境情報学部 100.00%
法政大学グローバル教養学部 97.71%
駒澤大学グローバル•メディア•スタディーズ学部 96.48%
慶應義塾大学商学部 96.17%
慶應義塾大学経済学部 94.76%

さらに細かい分析はこちら

長文問題の分析はこちら
長文読解
内容一致
33.3% 長文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
正誤問題
0.0% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
0.0% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
66.7% 会話文読解
内容一致
0.0%
長文読解
標題問題
0.0% 会話文読解
空所補充
0.0%
長文読解
文法正誤
0.0% 会話文読解
言い換え
0.0%
長文読解
指示問題
0.0% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
0.0% 会話文読解
和文英訳
0.0%
長文読解
和文英訳
0.0%
長文問題以外の分析はこちら
英文法
記述補充
0.0% 英作文
英文和訳
0.0%
英文法
選択補充
0.0% 英作文
自由英作
0.0%
英文法
正誤問題
0.0% グラフ
読み取り
0.0%
英文法
整序問題
0.0% 発音
アクセント
0.0%
英文法
語彙問題
0.0% その他 0.0%
英作文
和文英訳
0.0%
語彙補充問題と内容一致問題が連続する入試傾向であるため、出題形式は奇をてらった内容ではない。しかし一方で出題される長文のテーマが非常に難解かつ広大なため、幅広い教養に加え、高度な語彙力が要求される入試形式と言える。近年のテーマの中には、「数学に基づいた完璧な駐車場」、「共感による意思決定の不合理」など、現代文のテーマにもなり得る抽象度の高い内容が出題されている。本学の問題は環境情報学部と酷似しているため、本学を志望する学生はどちらの過去問にも触れて起きたい。

傾向に合わせた書籍はこちら

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.