近畿大学全学部共通問題の英語

Reading型
出題割合
48.8% Grammer型
出題割合
51.2%

近畿大学全学部共通問題の英語に近い出題傾向の大学

大学名 類似度
日本大学松戸歯学部 94.08%
日本大学国際関係学部 90.43%
日本大学経済学部 89.38%
東洋大学2月11日入試 89.11%
日本大学生産工学部 88.89%

さらに細かい分析はこちら

長文問題の分析はこちら
長文読解
内容一致
19.5% 長文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
正誤問題
0.0% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
0.0% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
14.6% 会話文読解
内容一致
0.0%
長文読解
標題問題
0.0% 会話文読解
空所補充
14.6%
長文読解
文法正誤
0.0% 会話文読解
言い換え
0.0%
長文読解
指示問題
0.0% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
0.0% 会話文読解
和文英訳
0.0%
長文読解
和文英訳
0.0%
長文問題以外の分析はこちら
英文法
記述補充
0.0% 英作文
英文和訳
0.0%
英文法
選択補充
19.5% 英作文
自由英作
0.0%
英文法
正誤問題
0.0% グラフ
読み取り
0.0%
英文法
整序問題
9.8% 発音
アクセント
0.0%
英文法
語彙問題
12.2% その他 9.8%
英作文
和文英訳
0.0%
大問7題から出題される。会話文が1題、文章読解が2題、語彙・文法問題が4題という構成である。文章問題のうち1問は空所補充であるため、実質長文内容の把握が必要となるものは1題のみとなる。文章の読解よりも、知識を問う問題の出題傾向が強い問題である。そのため、合格のために必要となる点数は比較的高く出る傾向にある。問われる内容は比較的易しめのものが多く、単語帳や語彙・文法の問題集の丸暗記でも十分対策が可能な内容だろう。努力次第では満点も狙えるレベルではあるので、とにかく知識系の勉強に特化すべき問題である。また、問題数に対しての試験時間が短い問題である。知識があるかないかで解答できないものも出てくるので、わからない問題に遭遇した時には、潔く次の問題に進める必要があるだろう。

傾向に合わせた書籍はこちら

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.