駒澤大学T方式(グローバル•メディア•スタディーズ学部除く)の英語

Reading型
出題割合
38.8% Grammer型
出題割合
61.2%

駒澤大学T方式(グローバル•メディア•スタディーズ学部除く)の英語に近い出題傾向の大学

大学名 類似度
日本大学経済学部 91.94%
日本大学理工学部 87.95%
上智大学2月5日入試 87.25%
日本大学国際関係学部 87.13%
日本大学松戸歯学部 87.06%

さらに細かい分析はこちら

長文問題の分析はこちら
長文読解
内容一致
18.4% 長文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
正誤問題
0.0% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
2.0% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
8.2% 会話文読解
内容一致
2.0%
長文読解
標題問題
0.0% 会話文読解
空所補充
4.1%
長文読解
文法正誤
0.0% 会話文読解
言い換え
2.0%
長文読解
指示問題
2.0% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
0.0% 会話文読解
和文英訳
0.0%
長文読解
和文英訳
0.0%
長文問題以外の分析はこちら
英文法
記述補充
0.0% 英作文
英文和訳
0.0%
英文法
選択補充
20.4% 英作文
自由英作
0.0%
英文法
正誤問題
0.0% グラフ
読み取り
0.0%
英文法
整序問題
10.2% 発音
アクセント
10.2%
英文法
語彙問題
20.4% その他 0.0%
英作文
和文英訳
0.0%
例年大問10題で出題される。長文問題が3題、会話文が1題、語彙・文法問題が5題、発音アクセントが1題という構成である。駒澤大学の英語の特徴は、とにかく問題数が多いということにある。小問数は50問とかなりの数になっており、それでいて制限時間も60分と問題数にしては短めの設定である。難易度自体はそこまで高くなく、標準的な物ではある。したがって、速読の対策がかなり重要となる。また、問題の半数以上が語彙・文法問題となっている。この辺りの問題は、文法書で徹底的に頭に叩き込むようにしておきたい。考えて解くのではなく、反射的に解答が出るぐらい反復して演習をしておきたい。大学受験で問われる文法問題は、ある程度パターン化されている。形を見ただけで解答ができるよう、知識系には時間をかけておくことが望ましい。全体を通して、レベルは基礎から標準程度である。とにかく解答速度を最大化して、受験には臨みたい。

傾向に合わせた書籍はこちら

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.