【受験生必見!】勉強のモチベーションを上げる方法

こんにちは!新一です。

毎年、受験生の悩みで多く上がるのが勉強のやる気がでない。

勉強のモチベーションを維持したいがどうすればいいか分からないといった悩みです。

この記事は

勉強のやる気がでない

受験生なのに受験へのモチベーションが維持できない

やる気は出したいけどどうすればいいか分からない。

そんな方に向けて書いています。

勉強のモチベーションを維持したいを出す方法について紹介します。

なかなか勉強のやる気が出ない、勉強のモチベーションが続かないという方はぜひ読んでみて下さい。

目次

忙しい受験生の為に結論!

モチベーションには熱しやすく冷めやすい外的要因のモチベーションと、熱しにくく冷めにくい内的要因のモチベーションの二つがあり、長期的な受験勉強においては、内的要因のモチベーションを上げる必要がある!

さいしょに

みなさんは勉強のやる気に満ち溢れていますか?

学生の皆さんの中には定期テストの目標点に向かって頑張れている方や、志望校合格に向けて日々高い意欲で勉強に取り組めている方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、全員がそうした人ばかりではないと思います。

勉強へのやる気が出ない。

受験へのモチベーションが上がらい。

そんな悩みを持ち、困っている方もいるかと思います。

ちなみにですが、こんな経験ありませんか??

テスト期間に突入して勉強しなきゃなー。。

でも日頃の部活の疲れも溜まっているし、とりあえず部屋の片付けから始めて。。

あ、友達へLINE返してない。

一旦ベッドに横になってたらお母さんが部屋に入ってきて

「何であんたテスト期間なのに勉強してないの!」

「もう、いまやろうと思ってたのに。。」

ちなみにもちろん僕は経験済みです。笑

いつの時代もお母さんの勉強部屋の監視の目は鋭い

いつの時代もお母さんの勉強部屋の監視の目は鋭い

モチベーションの種類

モチベーションを上げる方法について書いて行けたらと思いますが、その前に、そもそものモチベーションについての考えを書きたいと思います。

モチベーションは大きく分けると2種類に分けられます。

外的要因によるモテベーション

一つ目は外部要因の影響によって上がるモチベーションです。

結果に対して周囲から貰えるいわゆる”ご褒美”によって向上するものです。

具体例を出してみると、テストの成績が上がったらお小遣いが増える。

志望校に合格したら、海外旅行に連れて行ってもらえる。

学年の上位の成績になるとNintendo swichとPS5も買ってもらえる。

などが挙げられます。

この外的要因によるモチベーションの特徴としては即効性があり、熱しやすく冷めやすいことが特徴です。

でも、やっぱりお小遣いは増えると嬉しいよね。

でも、やっぱりお小遣いは増えると嬉しいよね。

内的要因によるモチベーション

もう一つのモチベーションは、外部からの要因の影響ではなく、自身の内側から湧き出る内的要因によるモチベーションになります。

具体例を出してみると、

第一志望の〇〇高校に合格して友人の赤木と安西監督の元でバスケで全国制覇を目指したい。

△△大学に合格して憧れのキャンパスライフを過ごしたい。

などが挙げられます。

こちらは先ほどの即効性があり、熱しやすく冷めやすい外的要因によるモチベーションに対して、熱しづらく冷めにくいという特徴があります。

心の奥で静かに灯る炎ですね

内的要因によるモチベーションの上げ方

さて、外的要因モチベーションと内的要因モチベーションについて説明しました。

読んでくれた方は薄々お気づきかもしれませんが、大きな目標を長期期間をかけて達成する場合、(つまり受験生ですね!)ゆくゆくは内的要因によるモチベーションが大切になります。

では、どうやって内的要因モチベーションを上げるかですが、それは“真の目的”を見つけることが必要になります。

目標達成した先に何があるかということですね!

先程の例の通り、志望校に合格してその先には〇〇というイメージ、“真の目的”が強く明確であるほど内的要因によるモチベーションは上がります。

難しいのはこの“真の目的”はどんなものか、また、いつ、何が、どんなきっかけで見つかるかというのが学校の先生や塾の先生、両親、また自分でさえも分からないことです。

この”真の目的”が見つかって目標に向かって一直線に走り出した瞬間が“やる気スイッチがON”になった瞬間だと僕は考えています。

勉強の”真の目的”を見つけるために、時には立ち止まって将来自分はどうありたいのか?

何をしたいのか?

をじっくり考えてみましょう!

“真の目的”を見つけるためには立ち止まってゆっくり自分自身を見つめることも大切です。

やる気スイッチがONになった例

一例として、以前僕が家庭教師をしていた際にやる気スイッチがONになった生徒の事例を挙げます。

僕はその生徒を中3生の春頃から勉強をみていて、やる気スイッチが0Nになったのは第一志望に合格して受験が終わった後でした。

皆さんは不合格ならまだしも、どうして第一志望に合格した後にやる気スイッチがONになったか不思議ですよね!

実はその生徒が合格した公立高校は偏差値40くらいの高校でした。

本人は勉強にやる気が常になく、何となく進学できる高校に合格して満足していましたが、受験が終わってから同じ中学校の同級生とお付き合いを始めます。

そしてその彼女が進学した高校は偏差値が60以上あり、簡単に言うと相手の保護者に「〇〇の高校の生徒と付き合うなんて..」と嫌な顔をされたのが悔しく、「3年後は難関大学に絶対進学する!」と行って受験が終わった瞬間、受験生の時よりも勉強を始めました。

その子の両親や、兄弟がどんなに言っても勉強に前向きにならなかった子が、こうしてやる気スイッチがONになるとは不思議ですよね!

やる気スイッチはいつ、どこで、何がきっかけでONになるかは自分自身でも分からないんです。

瞬間的に気分を変える方法

外的要因、内的要因によるモチベーションについて説明しました。

が、お小遣いアップの交渉はそんなに上手くはいかないですよね!笑

上手く交渉ができた方はおめでとうございます。

また、内的要因によるモチベーションの重要性は分かったけど、”真の目的”もすぐには見つからなそう。

そんな方のためにここでは瞬間的にモチベーションを上げるまではいかなくとも、気分を変える方法をご紹介します。

早起きする

休日は思い切って早朝に起きて勉強してみましょう!

早起きは三文の得なんて言葉もある通り、学校がお休みの休日こそ朝早く起きましょう!

熱いシャワーを浴びる

40℃位のやや熱いシャワーを浴びることで一気に目覚めます!

スッキリして気持ちもリフレッシュします!

場所を変える

自分の部屋で勉強が捗らない場合は、カフェ、図書館といった場所を利用してみましょう!

普段と違う場所なら気分転換になります!

部屋の掃除をする

漫画、ゲーム、DVDなど勉強に関係ないものは全て片付けましょう!

机の上を整理する

上記と同じです。

机の上は勉強に関わるものや参考書だけにしましょう!

思いっきり寝てみる

眠たい中でダラダラ勉強しても効率がいいとは言えません。

いっそ、思いっきて寝てみることも一つの手段です。

但し、何時間も寝てはマズイので15分ほど昼寝をすると頭もスッキリします!

手段の目的化

また、勉強に限らず目標に向かって物事を進めていくと、手段が目的達成のために用いられるのではなく、手段そのものが目的となってしまい、逆転してしまう落とし穴があります。

この落とし穴に落ちてしまうと非常にマズイのでお伝えしておきます。

こうした現象を手段の目的化と呼びます。

これはどういったものかということを国民的ゲームソフトのドラゴンクエストを例に出して説明します。

「ドラクエの勇者の目的は?」と聞かれて「魔王を倒すこと」と答えてしまう方は注意です。

勇者の目的は”平和な世界を取り戻すこと”で魔王を倒すことは手段です。

この逆転、混同が手段の目的化です。

また、もう一例としてダイエットを挙げてみます。

恐らく大半の方が経験のあるダイエットについて考えてみると、ダイエットが上手くいかない方の原因はただ、ダイエットが手段ではなく、目的になっていて、”ダイエットの真の目的”が見つかっていないことが本質的な原因です。

ダイエットを成功させるには、「とりあえず痩せよう」ではなく、「5キロ痩せて、入らなくなったジーンズをもう一度履きたい」といった”真の目的”が必要です。

ところで、話を勉強の話に戻しますが、勉強時間に満足してないですか成果には拘れていますか?

さいごに

勉強はうまくいく時も、うまくいかない時も、気分が乗って勉強できる時も、なかなか気が乗らない時もあると思います。

全然モチベーションが上がらない時は一度立ち止まって、自分の勉強の”真の目的”は何なのかを考えていましょう!!”

真の目的”のイメージがより強く鮮明にできれば再び走りだせます!!

ただ、”真の目的”がすぐに見つけられないこともあると思います。

“真の目的”を見つけるには時間と期間が必要ですので、そんなときは焦らずに、まずは目の前のできることから始めてみましょう!!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

こんにちは!新一といいます。元教育業界大手の人で、今までに1000名以上の大学受験生の進路指導に携わりました!主に自分が大学受験生の際に知っておきたかった事についてキャッチーな側面から書いています!進路に不安な大学受験生はいつでもご相談下さい!

コメント

コメントする

目次