MENU

日本大学工学部の英語

目次

入試の傾向を知る

入試の概観

例年大問6題で出題される。長文問題が2題、会話文が1題、語彙・文法問題が3題という構成である。基礎的なレベルの問題が中心となっている。理系学部であるが、英語長文の内容は専門的なものが出題されることも少なく、非常に対策がしやすい問題だろう。また、半数ほどが語彙・文法問題となっているため、積極的に得点源にしておくべきである。3題の構成は、言い換え、空所補充、整序問題となっている。こちらは難易度を見ても、スクランブルやネクステージを一冊仕上げるだけで充分であろう。類似度には反映されないが、センター試験の過去問も傾向類似のため、演習をしておきたい。

Reading型とGrammer型の出題割合は?

Reading型割合Grammer型割合
46.2%53.8%

入試問題の出題傾向分析

Reading型の出題分析

内容一致TF問題
20.5%0.0%
言い換え空所補充
0.0%12.8%
タイトル問題文法問題
0.0%0.0%
指示問題文章挿入
0.0%0.0%
和文英訳英文和訳
0.0%0.0%
自由英作文本文要約
0.0%0.0%
会話文内容一致会話文言い換え
0.0%0.0%
会話文空所補充会話文和文英訳
12.8%0.0%
会話文英文和訳
0.0%

Grammer型の出題分析

文法記述補充文法選択補充
25.6%0.0%
文法正誤文法整序
0.0%15.4%
ボキャブラリー和文英訳
12.8%0.0%
英文和訳自由英作文
0.0%0.0%
グラフ読み取り発音アクセント
0.0%0.0%
会話文文法会話文挿入
0.0%[type57]

類似の傾向を持った大学

傾向に合わせた書籍はこちら

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

うさこです。

教育業界で働いているサラリーマンです。

受験や就職など、進路選択の際に役に立つ情報をお伝えします。

Twitterもフォローよろしくお願いします^^

コメント

コメントする

目次