日本大学法学部の英語

Reading型
出題割合
70.0% Grammer型
出題割合
30.0%

日本大学法学部の英語に近い出題傾向の大学

大学名 類似度
青山学院大学総合文化政策学部・地域社会共生学部 95.83%
立教大学観光学部(観光) 92.50%
立教大学経済学部(経済,会計ファイナンス) 92.50%
青山学院大学法学部 92.25%
立教大学現代心理学部(映像身体) 92.18%

さらに細かい分析はこちら

長文問題の分析はこちら
長文読解
内容一致
20.0% 長文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
正誤問題
0.0% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
20.0% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
10.0% 会話文読解
内容一致
0.0%
長文読解
標題問題
0.0% 会話文読解
空所補充
20.0%
長文読解
文法正誤
0.0% 会話文読解
言い換え
0.0%
長文読解
指示問題
0.0% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
0.0% 会話文読解
和文英訳
0.0%
長文読解
和文英訳
0.0%
長文問題以外の分析はこちら
英文法
記述補充
0.0% 英作文
英文和訳
0.0%
英文法
選択補充
30.0% 英作文
自由英作
0.0%
英文法
正誤問題
0.0% グラフ
読み取り
0.0%
英文法
整序問題
0.0% 発音
アクセント
0.0%
英文法
語彙問題
0.0% その他 0.0%
英作文
和文英訳
0.0%
例年大問5題で出題される。長文2題、会話文1題、文法1題で構成される。全問英問英答形式になっており、一見難易度が高そうに見える。しかし、使用される語彙レベルや文章内容的には、標準程度の問題である。そこまで難解な文章が出題されることはないので、過去問対策で傾向を掴んでおきたい。長文問題には見出しがついており、どのような文章なのかがわかるようになっている。そのため、内容を理解した上で読み解くことができるだろう。出題されやすい英文内容としては、政治や法律にまつわるものが多い傾向にある。問題の形式対策もそうだが、長文内容の傾向対策も過去問で対応しておくことが望ましい。文法問題や会話文に関しては、平易なものになるので、ネクステージやスクランブルを徹底的に暗記しておくことが良いだろう。

傾向に合わせた書籍はこちら

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.