MENU

日本大学文理学部(地球科、情報科、物理、化学、生命)の英語

目次

入試の傾向を知る

入試の概観

例年大問7題で出題される。長文が3題、会話文が1題、語彙・文法問題が2題、発音アクセント問題が1題という構成だ。全体的なレベルは標準的であり、スタンダードな入試問題と言える。長文が3題出題されるが、そのうちの2題は語彙・文法問題に近い形式である。1題は文章内の整序問題で、もう一方は文中の空所補充という構成である。純粋な語彙・文法問題や発音アクセント問題も合わせると、半数ほどが文法や語彙の知識で解答する問題となっている。つまり、文理学部を受験する場合は、とにかく語彙や文法知識の強化が重要となる。スクランブルやネクステージは何周も演習を行い、受験本番へ臨むことが必要だろう。

Reading型とGrammer型の出題割合は?

Reading型割合Grammer型割合
54.8%45.2%

入試問題の出題傾向分析

Reading型の出題分析

内容一致TF問題
19.0%0.0%
言い換え空所補充
0.0%11.9%
タイトル問題文法問題
0.0%11.9%
指示問題文章挿入
0.0%0.0%
和文英訳英文和訳
0.0%0.0%
自由英作文本文要約
0.0%0.0%
会話文内容一致会話文言い換え
0.0%0.0%
会話文空所補充会話文和文英訳
11.9%0.0%
会話文英文和訳
0.0%

Grammer型の出題分析

文法記述補充文法選択補充
0.0%14.3%
文法正誤文法整序
0.0%0.0%
ボキャブラリー和文英訳
14.3%0.0%
英文和訳自由英作文
0.0%0.0%
グラフ読み取り発音アクセント
0.0%16.7%
会話文文法会話文挿入
0.0%[type57]

類似の傾向を持った大学

傾向に合わせた書籍はこちら

ユニサプはブログランキングに参加しています。

ユニサプが参考になると思った方は
ボタンクリックで応援お願いします!!
いつもありがとうございます!!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

うさこです。

教育業界で働いているサラリーマンです。

受験や就職など、進路選択の際に役に立つ情報をお伝えします。

Twitterもフォローよろしくお願いします^^

コメント

コメントする

目次