学習法

どれが1番いいの?効率の良い英単語の覚え方!!

更新日:

皆さんこんにちは!!

英単語の覚える量の多さに絶望しています。今回は英単語を覚える上でどのように覚えていくのが一番効率が良いのか(もちろん個人差はあります)について検証結果を書いていきたいと思います。

目次

1.はじめに

2.勉強方法3つ

・書く

・読む

・声に出す

3.結論

1.はじめに

とりあえず、単語を覚えると言っても色々な覚え方がありますし、どんなやり方が自分に合っているのかやってみないとわからないですよね。特に普段は仕事をしています。勉強時間をたくさんとれるわけではないですので、まずは自分にどんなやり方が一番合っているのか検証していきたいと思います。

何を持って効率が良いのか?については色々な覚え方(書く、読む、発生)を実践してみて、実際にテストをしていきます。その結果「どの覚え方が一番得点が高いのか」で判断していきたいと思います。決め事としては30分で50語を勉強し、そのうちの30語をテストしていきます。どんな結果になるのでしょうか。得点も大事ですがいかに効率よくできるかが今は大事ですのでそこも意識していきたいと思います!

 

2.勉強方法3つ

(1)書く

勉強と言ったら、アウトプットですよね!僕も小学生の頃から良く親に言われましたし、漢字テストで間違えた漢字を裏面に5回練習しろとか、日本人は書く文化ありますよね。実際に大学受験生の時はそうやって勉強してた気がします。

では、実際どうなったのでしょうか。

結果ー10/30

勉強してる時はもっとできるかなと思ったんですが、圧倒的に時間が足りませんでした。50個の中からの出題ですがおそらくしっかりとできたのは20個ほどでした。

 

(2)読む

次に、とにかく読むということをやっていきたいと思います。これは何より早いかなと自分的に思っています。しかし、今まで生きてきた中であまり読むだけ、見るだけみたいなことは経験していないので少し心配があります。最近社会人になってからこそ本を読むようになりましたが、昔はほぼ読んでなかったので笑 ちゃんと覚えられるか心配です。

結果ー21/30

正直こんなに当たるとは思わなかったです。社会人、時間がかなり限られてきますのでこのやり方がうまくいくのが一番理想ですよね。なのでこの結果はなかなか嬉しいです。

 

3)声に出す

「暗記は五感を使え」といつか聞いたことがあります。要は音で聞くことで記憶に残りやすくなるみたいです。中学生で初めての英語を勉強した時、慣れない英語をローマ字読みして無理やり覚えていたのを思い出します。学生時代によく「五感を使え」と言われた気がします。確かにしっかりと発声しながらだと耳から入ってきますし良さそうですね。

結果ー17/30

まずまずの結果でした。音読しながら進めていくと確かに記憶に残りやすいのかなの感じました。

 

 

4)結論

個人的は予想外の結果になりました。「読む」の時に書かせてもらったようにサラリーマンなのでまとまった時間を取るのが結構大変だなと思います。正答率ももちろんありますが、働きながら勉強を頑張っていくとのであれば、やはり「読む」でいきたいかなと思います。ただ、今回検証してみて思ったのは、全部必要に応じて取り入れていく必要はあるかなということです。「書く」に慣れていた分もっとできるこのかなと期待していましたが、時間がたりませんね。あとペンとノート用意しなきゃいけないのが少し手間かなと感じました。

とはいえ、一人一人にあった勉強のやり方があると思いますので、ご自身に合ったやり方でやって貰った方がいいかなと思います。

それでは、今回はこの辺で。

-学習法

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.