東京理科大学理工学部(建築,先端化,電気電子情報工,機械工,土木工)の英語

Reading型
出題割合
100.0% Grammer型
出題割合
0.0%

東京理科大学理工学部(建築,先端化,電気電子情報工,機械工,土木工)の英語に近い出題傾向の大学

大学名 類似度
法政大学2月8日入試 63.54%
明治大学理工学部 62.67%
法政大学2月16日入試 60.75%
成蹊大学理工学部 60.61%
専修大学第1日程 59.70%

さらに細かい分析はこちら

長文問題の分析はこちら
長文読解
内容一致
9.8% 長文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
正誤問題
9.8% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
12.2% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
24.4% 会話文読解
内容一致
0.0%
長文読解
標題問題
0.0% 会話文読解
空所補充
0.0%
長文読解
文法正誤
43.9% 会話文読解
言い換え
0.0%
長文読解
指示問題
0.0% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
0.0% 会話文読解
和文英訳
0.0%
長文読解
和文英訳
0.0%
長文問題以外の分析はこちら
英文法
記述補充
0.0% 英作文
英文和訳
0.0%
英文法
選択補充
0.0% 英作文
自由英作
0.0%
英文法
正誤問題
0.0% グラフ
読み取り
0.0%
英文法
整序問題
0.0% 発音
アクセント
0.0%
英文法
語彙問題
0.0% その他 0.0%
英作文
和文英訳
0.0%
大問3題構成は毎年変わらないが、問題ジャンルの構成が近年変化があった。これまでは長文読解2題、文法問題1題という構成であったが、昨年より長文問題3題という構成に変わった。今後の入試の流れによっては長文読解中心の出題傾向になる恐れもあるので、精読力に加え、速読力も重視したい。長文問題の出題傾向は内容一致のものが基本的に続いており比較的取り組みやすいが、700語程度の長文も出題されているため長い文章に対する抵抗は払拭しておきたい。また長文読解の中で問われる空所補充問題に関しては、語群の中に品詞が違うものも多く含まれているため、意味だけでなく文法的にもアプローチできるように文法力も養おう。

傾向に合わせた書籍はこちら

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.