成城大学法学部の英語

Reading型
出題割合
53.6% Grammer型
出題割合
46.4%

成城大学法学部の英語に近い出題傾向の大学

大学名 類似度
青山学院大学総合文化政策学部・地域社会共生学部 92.68%
日本大学法学部 92.11%
亜細亜大学経済学部 90.73%
亜細亜大学国際関係学部(多文化コミュニケーション) 90.73%
青山学院大学法学部 87.20%

さらに細かい分析はこちら

長文問題の分析はこちら
長文読解
内容一致
10.7% 長文読解
英文和訳
7.1%
長文読解
正誤問題
0.0% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
17.9% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
0.0% 会話文読解
内容一致
0.0%
長文読解
標題問題
0.0% 会話文読解
空所補充
17.9%
長文読解
文法正誤
0.0% 会話文読解
言い換え
0.0%
長文読解
指示問題
0.0% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
0.0% 会話文読解
和文英訳
0.0%
長文読解
和文英訳
0.0%
長文問題以外の分析はこちら
英文法
記述補充
0.0% 英作文
英文和訳
0.0%
英文法
選択補充
35.7% 英作文
自由英作
0.0%
英文法
正誤問題
0.0% グラフ
読み取り
0.0%
英文法
整序問題
0.0% 発音
アクセント
0.0%
英文法
語彙問題
0.0% その他 7.1%
英作文
和文英訳
3.6%
大問4題で構成されている。文芸学部・経済学部と出題形式が類似している。長文問題は、選択式と記述式の混合型の出題である。標準的なレベルの問題になるので、共通テストや中堅私大レベルの問題集で対策が可能である。指示後内容補足型の英文和訳が出題されるので、精読の練習は必須である。また、文芸学部と異なり、大問3は語彙・文法問題だけでなく、文章内空所補充が出題される。制限時間が長く設定されている入試ではあるが、読解する必要のある文章量が多いため、注意が必要だ。そして最後の英作文に関しては、和文英訳問題となる。重要文法と構文の例文暗記ができていれば、問題なく対処できるレベルではある。しかし、私立大学では、あまり出題されない形式ではあるので、早期からの対策をしていく必要がある。

傾向に合わせた書籍はこちら

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.