MENU

成蹊大学理工学部の英語

目次

入試の傾向を知る

入試の概観

大問3題で構成されている。長文問題が2題、語彙問題が1題という形式である。成蹊大学理工学部の問題には2点の特徴がある。1点目は、記述形式と選択形式の混合型試験であることだ。長文内では、和文英訳を求められる問題が頻出である。指示後内容を補いながら記述する必要があるため、本文内容を精読する力も必要だ。また、最後の語彙問題に関しては、指定された単語を書く必要がある。記述する単語自体は難しいものではないが、大学受験において読めるけど書けないということはよく起きる。単語帳の標準レベルの単語ぐらいは記述できるまで、暗記をしておく必要がある。2点目は、イラストや図表が含まれた文章が出題される点である。私立入試の問題にはあまりないパターンである。センター試験の過去問や、場合によってはTOEICの問題なども活用して、対策しておくことが望ましいだろう。このように、他の大学ではあまり出題されない特異なものが多く出題される。文章内容や使用される単語のレベルは標準的なものではあるが、過去問の対策は早期から取り掛かる必要がある。

Reading型とGrammer型の出題割合は?

Reading型割合Grammer型割合
73.5%26.5%

入試問題の出題傾向分析

Reading型の出題分析

内容一致TF問題
2.9%0.0%
言い換え空所補充
8.8%35.3%
タイトル問題文法問題
0.0%11.8%
指示問題文章挿入
11.8%0.0%
和文英訳英文和訳
0.0%2.9%
自由英作文本文要約
0.0%0.0%
会話文内容一致会話文言い換え
0.0%0.0%
会話文空所補充会話文和文英訳
0.0%0.0%
会話文英文和訳
0.0%

Grammer型の出題分析

文法記述補充文法選択補充
0.0%0.0%
文法正誤文法整序
0.0%0.0%
ボキャブラリー和文英訳
23.5%0.0%
英文和訳自由英作文
0.0%0.0%
グラフ読み取り発音アクセント
0.0%0.0%
会話文文法会話文挿入
2.9%[type57]

類似の傾向を持った大学

傾向に合わせた書籍はこちら

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学受験のことを中心に書いています。偏差値40台の高校から1年間の浪人生活を経て、早慶上智に合格。大学受験の勉強を楽しく、少しでも効率的に進めることができるようにする記事を書いています。高すぎる志望校、届かない夢がある方、応援させてください!受験勉強を頑張って夢を掴みましょう!

コメント

コメントする

目次