専修大学第2日程の英語

Reading型
出題割合
65.9% Grammer型
出題割合
34.1%

さらに細かい分析はこちら

長文問題の分析はこちら
長文読解
内容一致
27.3% 長文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
正誤問題
0.0% 長文読解
自由英作
0.0%
長文読解
言い換え
2.3% 長文読解
本文要約
0.0%
長文読解
空所補充
29.5% 会話文読解
内容一致
0.0%
長文読解
標題問題
0.0% 会話文読解
空所補充
0.0%
長文読解
文法正誤
4.5% 会話文読解
言い換え
0.0%
長文読解
指示問題
2.3% 会話文読解
英文和訳
0.0%
長文読解
文章挿入
0.0% 会話文読解
和文英訳
0.0%
長文読解
和文英訳
0.0%
長文問題以外の分析はこちら
英文法
記述補充
0.0% 英作文
英文和訳
0.0%
英文法
選択補充
11.4% 英作文
自由英作
0.0%
英文法
正誤問題
0.0% グラフ
読み取り
0.0%
英文法
整序問題
22.7% 発音
アクセント
0.0%
英文法
語彙問題
0.0% その他 0.0%
英作文
和文英訳
0.0%
専修大学の英語の問題は、学部間や日程で傾向の変化がなく対策のしやすい入試問題となっている。もちろん小問の構成などに若干の前後はあるが、概ね形式は毎年同じである。基本的に大問5題構成であり、長文問題が3題、会話文が1題、語彙・文法問題が1題となっている。ただし、2018年度の入試で大問4題構成の出題もあったので、大問数も少し変動する可能性はある。問題の難易度は、基礎から標準程度であり、日東駒専の中でも難易度は低い方だろう。どの大問も使用されている語彙レベルなどが、易しく設定されれいる。何か特別な対策をする必要はなく、スタンダードな問題集の演習後、過去問演習に入ることができれば、合格ラインに達することが可能だ。文法問題は、毎年整序問題が出題されている。苦手な人は、整序問題の専用問題集で対策しておくことが望ましいだろう。

傾向に合わせた書籍はこちら

専修大学第2日程の英語に近い出題傾向の大学

大学名 類似度
専修大学第3日程 97.40%
青山学院大学コミュニティ人間科学部 94.84%
法政大学2月14日入試 90.86%
東洋大学2月11日入試 90.85%
成蹊大学文学部 89.60%

更新日:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.