MENU

専修大学第3日程の英語

目次

入試の傾向を知る

入試の概観

専修大学の英語の問題は、学部間や日程で傾向の変化がなく対策のしやすい入試問題となっている。もちろん小問の構成などに若干の前後はあるが、概ね形式は毎年同じである。基本的に大問5題構成であり、長文問題が3題、会話文が1題、語彙・文法問題が1題となっている。ただし、2018年度の入試で大問4題構成の出題もあったので、大問数も少し変動する可能性はある。問題の難易度は、基礎から標準程度であり、日東駒専の中でも難易度は低い方だろう。どの大問も使用されている語彙レベルなどが、易しく設定されれいる。何か特別な対策をする必要はなく、スタンダードな問題集の演習後、過去問演習に入ることができれば、合格ラインに達することが可能だ。文法問題は、毎年整序問題が出題されている。苦手な人は、整序問題の専用問題集で対策しておくことが望ましいだろう。

Reading型とGrammer型の出題割合は?

Reading型割合Grammer型割合
61.1%38.9%

入試問題の出題傾向分析

Reading型の出題分析

内容一致TF問題
25.0%0.0%
言い換え空所補充
5.6%25.0%
タイトル問題文法問題
0.0%5.6%
指示問題文章挿入
0.0%0.0%
和文英訳英文和訳
0.0%0.0%
自由英作文本文要約
0.0%0.0%
会話文内容一致会話文言い換え
0.0%0.0%
会話文空所補充会話文和文英訳
0.0%0.0%
会話文英文和訳
0.0%

Grammer型の出題分析

文法記述補充文法選択補充
0.0%19.4%
文法正誤文法整序
0.0%19.4%
ボキャブラリー和文英訳
0.0%0.0%
英文和訳自由英作文
0.0%0.0%
グラフ読み取り発音アクセント
0.0%0.0%
会話文文法会話文挿入
0.0%[type57]

類似の傾向を持った大学

傾向に合わせた書籍はこちら

ユニサプはブログランキングに参加しています。

ユニサプが参考になると思った方は
ボタンクリックで応援お願いします!!
いつもありがとうございます!!

よかったらシェアしてください!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

大学受験のことを中心に書いています。偏差値40台の高校から1年間の浪人生活を経て、早慶上智に合格。大学受験の勉強を楽しく、少しでも効率的に進めることができるようにする記事を書いています。高すぎる志望校、届かない夢がある方、応援させてください!受験勉強を頑張って夢を掴みましょう!

コメント

コメントする

目次