大学受験を中心に読者にとって進路選択に役に立つ情報をお送りします。大学を少しでも詳しく知りたい!教材を知りたい!という方は是非当メディアへ。

大学選びに役立つ教育メディア「学部(まなぶ)」

勉強

【現代文苦手な方必見】国語の偏差値70だった僕が小説読解のポイントもまとめました!!

この記事はに更新されています!

こんにちは!今回ここでは、大学受験時代国語の偏差値が70あった僕が大学受験まで通用するここだけは押さえておいて欲しい最小限の小説読解のポイントをお伝えします!

作者の気持ちなんて知らん!分かんないよ!という方!安心して下さい。僕もそんな1人でした笑

受験勉強を進める内に、受験の小説読解はめちゃくちゃ簡単だ!と気付いたので、みなさんにお伝えしますね!

まずは評論対策を!!

何冊かの問題集で勉強した方の中には気づいた人もいるかもしれません。問題の掲載はおおよそ評論7題対して小説3題くらいです。

ベースは評論読解になります。まずは評論対策をしましょう。

評論のポイントはこちらをご参照下さい。
読んだ後に戻ってきてくれるとスムーズです!

作者の気持ちは分からない??

大正解です。みんな分かりません。
よくよく考えてみて下さい。
受験用に抜粋された文章の一部だけ読んで作者の気持ちを分かろうなんて無理!というかおこがましいです。笑

本当に作者の気持ちを知りたかったら受験の後に書店で小説を買って読みましょう。

それでも分からないこともあります!笑

作者の気持ちどころか、読者によって感想はバラバラです。

数学みたいに正しい答えなんてないのに、読後の感想がみんな同じなんて怖いですよ!読んだ時期やその時の自分の状況でも違うと思いますしね!

あくまで試験と割りって取り組みましょう。

主観は捨てて客観に徹する!!

先述の通り、人によって感性が違いますよね。
読んだ人の数だけいくつも答えがあります!

僕はこう思う。私はこう思うだと問題にならないので、あくまで客感的に、主観は捨てて客観的に読解します。事実に基づいて考えれば正解へは一直線です。

登場人物に着目する!!

評論は基本的に登場人物は1人です。
著者が考えていることを書いていて、伝えたいことを沢山の表現、文章で書いているだけでしたね!要約できればおしまいです!
ただ、小説の場合登場人物が何人もでてきます。

問題を解く前に登場人物の関係を相関図でメモすることをおすすめします。

場面に気をつける!!

そもそも情報のインプットは楽な順に映像>音声>文字です。

映像は勝手に場面が変わります。
例えば時間の経過は明るさで分かりますし、登場人物の回想シーンは子供になって登場しますよね!
ボーッと観ていても時間、場面は進みます。

続いて音声。ラジオとかですね!映像ほどではありませんが、聞き逃さずに追っていけば時間、場面が掴めます。

ただし、文字にはこういったサポートがないため、自分でしっかり時間軸を追っていく必要があります。何となく読んでいると回想シーンなのか現実なのか、なんなら主人公の妄想なんて入ったら途中で訳が分からなくなりますよ!

心情に気をつける!!

僕の評論対策を読んでくれた方には伝わるかと思います。

評論文は一貫した著者の伝えたい事ことは変わりません。

ただ、小説のやっかいなところは主人公の気持ちが変わるところですよね!
少女マンガでも主人公の女の子が最初はキライだった俺様キャラと最終的は付き合ったりする作品多いじゃない?
例えば、牧野さんが花沢くんから道明寺くんに鞍替えするお話とか!

場面場面の登場人物の心情を追いかけていきましょう!

最後に

いかがでしたか??
小説読解の際は、場面に棒線を、心情に波線をつけて一度読解し、その部分だけ拾えば正当です!簡単でしょ?
一つだけ注意するとしたら前述の通り、一般の問題集だと問題数が少ないのでセンター過去問の小説範囲を解いて演習を積めば万全です!

読解ばかりは疲れてしまうので、たまには純粋に小説を読む事を楽しんで下さいね!

-勉強

Copyright© 大学選びに役立つ教育メディア「学部(まなぶ)」 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.