進路

女子大学のメリット、デメリットについて簡単にまとめてみました!

更新日:

女子高生にとって、進学する大学を調べているともしかすると女子大学も候補に上がるかも知れません。今回はそもそも女子大学って実際がよく分からないって方のために簡単にまとめてみました。女子大学ってどうなんだろう、そんな方はぜひ参考にして下さいね1

最初に

歴史を辿ってみると、元々ハーバード大学は男性しか入れなかったようです。

また、日本においては、女子学生の進学に前向きではなかったところをキリスト教の宣教師が広めた背景があります。昔の日本の価値観では、女性には勉学というよりも、どちらかというと家事や料理といった花嫁修行が重視されていました。

多くの女性が活躍する今の時代ではなかなか考えにくいですね!

ただ、今の時代でも息子には難関大学に入って欲しいけど、娘にはあんまり無理をさせたくない、まぁ、女の子なのでと考えられる保護者も少なくはありません。

ちなみに日本最初の女子大学は大学は東京女子高等師範学校(現お茶の水大学)になります。

特徴

女子学生に人気の学部が多い

前述の通り、キリスト教の宣教師が広めた背景から語学系の学部が多いことや、女子学生に人気のある、看護学部、管理栄養士を目指す栄養学部や服飾学部が多いことが特徴に挙げられます。

比較的小規模である

当然ですが男子学生がいないため、全体的に小規模であることが多いです。

キャンパスは一つだけのところが多いですし、学祭は毎回盛り上がりに欠けるなんてこともしばしば耳にします。

少人数であるので、気の合う友人と深く付き合っていけることもいいですね。

サポートが手厚い

上記の通り学生の数が少ないため、全体的に大学からサポートを受けられることが多いです。

女子大の就職実績の良さからもこの事が伺えます。

引用:ユニブプレス

また、就職活動のサポートでは、企業の女性社員の割合や就職後に産休や育休が取りやすいかといった働きやすさなど、より女子学生に大切な側面からのアドバイスも受けられることが良い点です。

メリットとデメリット

男子学生がいない

当然ですが、キャンパスに男子学生がいません。笑

これはメリットでもありデメリットどちらもありそうです。

男子学生がいないので、ノビノビと学生生活が過ごせますし、すっぴんにジャージで大学に行けるのはいいですね。(いやいや、毎日髪の毛セットして、化粧してるよ!という女子大学の方がいたらごめんなさい。。)

また、19才〜22才の社会に出る準備をする大学生活の中で男性に頼らない自立した女性として成長できる可能性が大きいのは良いことですね!

当然ですが、力仕事が必要となる際は毎回大変なようです。

ちなみに

女子大学出身の芸能人にはこんな方がいます。

壇蜜(昭和女子大学)

引用:日本タレント名鑑

多部未華子(東京女子大学)

引用:日本タレント名鑑

桐谷美玲(フェリス女学院大学)

引用:日本タレント名鑑

最後に

いかがでしたか?今回は女子大学についてよく分からない方向けに簡単に書いてみました!

女子大学を検討される方の参考になれば幸いです。

-進路

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.