進路

【学部紹介】法学部の特徴とオススメの大学

この記事はに更新されています!

今回から大学の学部について紹介していこうと思います。
まず、第1弾は法学部についてです!
法学部ってどんなことを学ぶ学部なのか?みんな弁護士や検察官を目指しているの?
そんな疑問にもお答えしていきます。
では早速いきましょう!

法学部の特徴

はじめに法学部とはどんな学部か説明していきます。
法学部は、その名の通り法律をメインに勉強する学部です。
有名なものは六法ですね。
六法全部わかりますか?
憲法、民法、商法、刑法、民事訴訟法、刑事訴訟法の総称を六法と呼びます。
これらを主軸に様々な法律を学ぶことができます。

また、法律以外にも政治学についても学ぶことができます。
政治史や各国の政治体制などですね。

また、法学部のその他の特徴として、文系で最も留年しやすい学部という側面もあります。
その理由は、法学部の成績の評価方法にあります。
法学部以外の学部では、出席点やレポート点なども含めた評価方法になっていることが一般的かと思います。
しかし、法学部は違います。
期末テスト100%という評価がほとんどです。
言い換えれば、テストさえできれば無敵です。
逆に毎回授業に頑張って出席しても、テストで点数を取れないとその時点で詰みとなります。
そして、そのテストが難しい、、、
「〇〇について論ぜよ。」と一言テスト用紙に記載があり、その内容についてA3用紙両面に文字をビッシリ書いていくことになります。
教科書やレジュメを持ち込み有のテストも多くありますが、それでも太刀打ちできない科目もあります。
法学部に入学するには、テストのしんどさは覚悟しておいた方がいいと思います。

卒業後の進路

法曹系だけじゃないよ

続いて、卒業後の進路についてです。
法学部と聞くと、みんな弁護士や検察官を目指すの?なんて質問をよく耳にします。
ただ、当たり前かもしれませんが当然そんなことはありません。
これは文系学部全般に言えることかもしれませんが、技術系の職業以外であれば、ある程度どの業界にも就職することができます。
むしろ、学部より大学名の方が重要かもしれないですね。

ただ、法学部に入ると少しだけ有利になる職業もあります。
それは、公務員です。
公務員の行政事務系区分には、毎年一定数法律の問題が出題される傾向にあります。
そして、法学部以外の学部出身の人にとってなかなかのハードルになります。
法学部で、法律を少しでも学んでおくことで、公務員試験の勉強が楽になります。
実際、法学部を卒業して公務員を目指す人は多くいます。
公務員になりたい人にとっては、非常にお勧めの学部です。

また、資格取得も他の学部に比べると有利になります。
司法書士・行政書士・社労士・宅建・弁理士などが特にお勧めです。
どの資格試験にも、法律の知識が必要となります。
これらを取得することで、出身大学に関わらず就職活動を有利に進めることも可能です。
それも受験資格がなくチャレンジしやすい資格試験なので、在学中に受験を検討してみてもいいかもしれないですね。

そして、法曹系に進みたい人はもちろん法学部に入るわけですが、これは正直どこの大学でもOKとはいきません。
まず、法曹系の道に進むためには、司法試験の受験が必要になります。
また、司法試験の受験のためには、法科大学院に進む必要があります。
法科大学院に進まずに予備試験というものを受験するルートもありますが、予備試験自体が司法試験よりも難しいのであまりお勧めはできません。
また、卒業する法科大学院によっても司法試験の合格率は大きく異なります。

こちらのWebサイトにあるように、合格者が0人の大学が非常に多いです。
法曹界に進むには、かなりの覚悟と努力が必要となります。
法学部だからといって安易に目指すのは危険かもしれません。

法学部が有名な大学

中央大学

そして、法学部が有名な大学です。

大学名
出願者受験者合格者
東京大学81170592
慶應義塾大学83271048
中央大学111493739
早稲田大学86971932
京都大学32927713
一橋大学18916614
大阪大学1691539
神戸大学1611358
明治大学3653075
北海道大学1311094

こちらは、直近の予備試験合格者数のランキングになります。
予備試験は司法試験より難しいので、そのままその大学の法律学の教育力に直結すると考えられます。
さすがという大学名が並んでいますね。
その中でも特にお勧めなのは、中央大学です。
こちらの記事も参考にしてみてください。

「司法試験を目指すなら中央大学」といわれるほど、法学部には力を入れている大学です。
中央大の中心である多摩キャンパスには、「炎の塔」と呼ばれる学生研究棟があります。
座席数が240席もあり、日曜日も祝日も関係なく朝8時から夜11時まで勉強に打ち込むことができます。
しかし、入室試験に通らなければ利用できないという側面も、、
でも本当に法曹系を目指すのであれば、これぐらいの試験はクリアする必要がありますよね。

全体的にレベルの高い大学が多いですが、司法試験にチャレンジしたい人はこのあたりの大学に合格できるように、今から努力していきましょう。

《高校生注目》スタディサプリ進路で学校パンフをまとめて請求

まとめ

いかがでしたか?
法学部は文系学部の中でも、比較的勉強が大変な学部です。
しかし、法学を学ぶことで、論理的思考力が身についたり、文章の構成能力が身につくなど、社会に出てから役に立つスキルを並行して身につけることができるようになります。
法曹界に進みたい人以外にも資格試験にチャレンジしたり、就職に有利となる学習ができるので、志望校の法学部についてより詳しく調べてみてください。

では、次回は他の学部を特集します!
お楽しみに!

-進路

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.