進路

日東駒専受験生必見!日大・東洋・専修・駒澤だったらどこがオススメ?学部やキャンパスの特徴を含めて調べてみました。

更新日:

中堅大学として今までも人気が高かった日東駒専ですが、最近は日東駒専の難易度も急上昇しています。

大学入学定員の厳格化に加えて、昨今の安全志向、それに加えて昨年は大学入試センター試験最終年度ということもあり、日東駒専の難易度が例年以上に高くなりました。

もう日東駒専は滑り止めではなく、歴とした中堅校から難関校といっても過言ではありません。

今回は、都内中堅大学グループの日東駒専をフォーカスして、日東駒専の中でもどの大学に行くべきか、オススメを伝えていきたいと思います!

ちなみに、東洋、駒澤、専修に関しては弱みが似通っているので統合して書いてあります。

日東駒専とは?

日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学の4大学を指しています。

上記の4つの大学を合わせて、通称日東駒専と呼ばれ、関東圏の高校生にとって中堅大学という印象の大学でした。

都内の大学群の中では、GMARCHと大東亜帝国と呼ばれるグループの間に存在しています。

ちなみにGMARCHは学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政の6大学で構成されています。また、大東亜帝国は大東文化、東海、亜細亜、帝京、国士舘の5大学からなります。

最近この日東駒専が難化しており、もはや中堅大学とは呼べなくなってきています。概ね、52.5〜60弱の学部も散見され、一昔前のGMARCHレベルまで上がってきている学部も存在しています。

ちなみに、河合塾の偏差値表がこちらになります。気になれば確認してみてくださいね。

入試難易予想ランキング表

日東駒専だけでなく、首都圏から関西圏の私立大学のランキングもまとめていますので、こちらの記事も参考にして見てください!

日本大学ってどう?

引用:四谷学院

日本大学は日本一の学生数を抱えるマンモス大学であり、さらには医学部から芸術学部まである日本一多様性に富んだ大学とも言えます。

日本法律大学を前身とする法律系の系譜を持つ大学だけあり、今でも法律学部は看板学部として有名です。

また、日本大学の最大の特徴である学生数の多さによって卒業生の活躍も比較的多くなります。卒業の姓が多いので活躍する人の絶対数が多くなるのは当然と言えば当然ですが。出身大学別の社長輩出率は日本大学がトップになります。

社長の出身大学、日本大学がトップ

日本大学の良いところは?

日本大学のメリットは、学生数の多さに加え、学部数の多様さが挙げられます。

学生数は7万人を超えており、日本で一番いろんな人がいる大学と言えます。

学生数が多いとどんなメリットがあるのか言うと、今まであったことがないタイプの人間に会うことができる可能性があります。人との出会いは価値観を深める可能性がかなり高いイベントです。

大学は勉強だけをするのではなく、自分の考え方を深め、人間的に成長する場でもあります。その点で、日本大学を超える大学はないと言えます。

いろんな人がいる、日本大学!

また、看板学部は先述の通り、法学部が上がりますが、そのほかにも理工学部建築なども有名ですね。また、生物資源学部や、スポーツ科学部など近年人気の学部も設置されています。

日本大学には様々な学びが用意されているので、勉強したい内容が設置されていないということは考えられないので安心して進学してください。

最近の大学では他の学部の授業を取ることもできるので、大学に入ってからの方向変更にもある程度柔軟に対応してくれるはずです。

卒業後のOBOGとの繋がりを求める方や、各学部の専門性を高めたい方は日本大学はオススメの大学と言えます。

日本大学の悪いところは?

日本大学のデメリットは大学の規模が大きすぎるが故に、キャンパスが1箇所ではなく、関東圏のいたるところに点在していることです。

一つの学部に一つのキャンパスが割り当てられていて、一見単科大学のように見えなくもないです。

キャンパスが一つにまとまっていないということは、キャンパス間の交流が図れないということにつながります。

バラバラな中で得られるものもあるか?

前述しましたが、大学とは学問だけでなく様々な交流をすることもとても大切になります。価値観の融合が成長につながるということです。

その点、日本大学は学生数は多く多様性は育める素地はあるとしても、キャンパス間の物理的な距離があるため、よほど主体性が強い学生でないと厳しい環境になりがちです。

東洋大学ってどう?

東洋大学は近年人気が急上昇している中堅大学になります。

メインのキャンパスは都営三田線の白山駅にあり、多くの学部がこのキャンパスに集中しています。

哲学者の井上円了が設立した哲学館を前身とした大学であり、経緯からも文学部哲学科をある種の名門としています。

戦前では、三田(慶應)の理財、早稲田の政治、駿河台(中央)の法学、白山(東洋)の哲学と呼ばれるほど、有名な大学でした。

東洋大学白山キャンパス

引用:四谷学院

東洋大学の良いところは?

東洋大学だけでなく、後述の駒澤大学にも言えるメリットですが、キャンパスが基本的に一つにまとまっている点です。

日本大学のようにバラバラのキャンパスだと学びの幅を広げにくいデメリットがありますが、その点東洋大学は問題ありませんね。

また観光学部なども持っており、近年人気の学部に力を入れている結果もあり、以前の日東駒専といえば日大という一強状態を崩しつつあります。

また、日本大学は法学部を看板としてますが、東洋大学は文学部を歴史的背景から看板としています。しかし一方で、哲学という学問が割とニッチになってきているので、看板としての強みが活かされない状態が続いています。

多様な学生と一つのキャンパスの中で学びたい方や、観光などの新しい学問に興味がある方は東洋大学は一見する価値があります。

駒澤大学ってどう?

駒澤大学は、日東駒専の中で唯一宗教色のある大学になります。

曹洞宗が母体となっている大学であるため、禅の授業が必修となっていることは意外と知られていない事実ですね。

キャンパスを東急田園都市線駒澤大学駅に持ち、高級住宅地の中にある大学です。

駒澤大学の良いところは?

駒澤大学の良い点は東洋大学とも重なりますが、キャンパスが点在しておらず、基本的には駒沢キャンパスで過ごすことができる点です。

多様性については先ほども述べましたので割愛しますが、多くの学生と触れ合う機会があります。

また、宗教色があることで、他の大学とは違う学びを得る機会を多く受けやすい環境ではあります。

仏教系のバックグラウンドを持つことによって、史学や国文学に関しては日東駒専随一の人気を誇ります。

歴史を勉強して社会の先生を目指したい方や、国文学を勉強したいということであれば、日東駒専の中なら駒澤大学一択でしょう。

専修大学ってどう?

引用:専修大学HP

専修大学は明治時代に設立された専修学校を起源とする大学です。

日本にまだ法律を学ぶ教育機関がほとんど無い時代に設立された経緯と、日本で初めての経済学部を設立した大学として、それぞれの学部に濃い歴史を持っています。

資格取得熱も高く、日東駒専のなかでは就職活動に最も力を入れている大学といえます。

専修大学の良いところは?

専修大学の強みは資格熱が高いところにあります。特に実学系の資格には定評があります。

就職活動に力を入れており、そのための資格取得のサポートにも力を入れている印象です。

公認会計士の在学中合格に関しても、他の難関大学と比較しても善戦しています。

といっても、やはり上場企業就職率などの高さでも、日本大学や東洋大学の後塵を拝しているという現状があるので、すこし苦しさもあります。

正直にお話しすると、他の日東駒専に比べると、若干強みに欠けます

資格取得に熱を入れる友人に囲まれたい方や、日東駒専のブランドに拘りたい方にとっては専修大学は良い大学と言えるでしょう。辛口で申し訳ないです。

東洋・駒澤・専修の悪いところは?

東洋、駒澤、専修という3つ大学にとってネックとなるのは理系に強みがない点です。

自分は文系だから関係ないと考えている受験生の皆さんは要注意です。

前述の通りですが、大学とはコミュニティの幅を広げる場でもあります。文理共に学部を持つ大学であれば、人間関係の輪も広げることができます。理系文系ともに切磋琢磨することで、よりワイドな視点は持ちにくい大学とも言えます。

日東駒専は全国区の大学なので、北海道から沖縄、果ては海外からも学生が学びに来ています。価値観の衝突を繰り返し、人間的な成長をするためには、より広い視点を持つ大学が望ましいですね。

まとめ

いかがでしたか。

日東駒専と一括りにされていても、各大学によって特徴があります。

結論を言うと、

多様性と規模で選ぶなら日本大学

新しさで選ぶなら東洋大学、

歴史と伝統で選ぶなら駒澤大学、

資格熱で選ぶなら専修大学、

といえます。

日東駒専が第一志望の方はより深く調べるきっかけになればと思います。

また、滑り止めとして日東駒専を考えている方にとっては、調べる時間を少しでも減らす手助けになれたらと思います。

それではまた次回の記事で!

ちなみに、早慶上智の記事も書いていますのでこちらもどうぞ!

-進路
-, , , , , ,

Copyright© 学部〜まなぶ〜 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.